2016年8月28日日曜日

2016年8月25日(木)19:00 明治安田生命J2リーグ第12節 北海道コンサドーレ札幌vsロアッソ熊本 ~FW脇を制する者は試合を制す~

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-1-2、GKク ソンユン、DF菊地直哉、河合竜二、福森晃斗、MFマセード、宮澤裕樹、上里一将、堀米悠斗、ジュリーニョ、FW都倉賢、内村圭宏。サブメンバーはGK金山隼樹、DF櫛引一紀、MF石井謙伍、河合竜二、小野伸二、前寛之、FW上原慎也。
 前節試合中に「膝の違和感」で途中交代した深井は、試合前に「右膝内側半月板損傷で全治4週間」とのリリースがあった。離脱は残念だが"最悪の展開"ではなかったかもしれない。
 ロアッソ熊本のスターティングメンバーは4-4-2、GK佐藤昭大、DF藏川洋平、小谷祐喜、薗田淳、片山奨典、MF岡本賢明、キム テヨン、上原拓郎、菅沼実、FW若杉拓哉、巻誠一郎。サブメンバーはGK金井大樹、DF園田拓也、MF黒木晃平、八久保颯、中山雄登、髙柳一誠、FW齋藤恵太。試合前の段階では、9勝6分12敗で勝ち点33、順位は16位。過密日程を乗り切るためローテーションを意識した選手起用がされているが、前節は北九州にホームで1-6とまさかの大敗を喫したこともあり、DF3人が入れ替わっていて薗田も起用されている。平繁は体調不良で欠場、エース清武は詳細がわからないがベンチ外。菅沼は8/6に契約が発表され、この試合が初出場となる。
 8/27-28、9/3に天皇杯が行われ、J2以上のカテゴリのクラブが順次登場するためJ2リーグ戦は8/21(日)~9/11(日)までが中断期間という扱いで、この間に未消化分の試合…熊本地震で延期になった熊本戦、悪天候で中止になった水戸-長崎戦がねじ込まれており、熊本はまだまだ過密日程が続く。札幌はこの試合後、中1日で8/27に天皇杯の筑波大学戦@厚別が控えている。

2016年8月23日火曜日

2016年8月21日(日)19:00 明治安田生命J2リーグ第30節 京都サンガF.C.vs北海道コンサドーレ札幌 ~外外に意図はあったか~

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-1-2、GKク ソンユン、DF菊地直哉、河合竜二、福森晃斗、MF荒野拓馬、宮澤裕樹、深井一希、堀米悠斗、ジュリーニョ、FW都倉賢、内村圭宏。サブメンバーはGK金山隼樹、DF櫛引一紀、MFマセード、河合竜二、小野伸二、上里一将、FW上原慎也。
 出場停止明けの増川と、前節休養させた深井がスタメン復帰。同じく出場停止明けのマセードはベンチスタートで、サイドは好調の荒野と堀米。U23韓国代表はリオ五輪で準々決勝敗退に終わり、メダルと兵役免除を勝ち取ることはできなかった。ク ソンユンはこの試合から合流している。
 京都サンガF.C.のスターティングメンバーは3-4-2-1、GK菅野孝憲、DF菅沼駿哉、染谷悠太、本多勇喜、MF下畠翔吾、吉野恭平、佐藤健太郎、岩沼俊介、FW堀米勇輝、エスクデロ競飛王、イ ヨンジェ。サブメンバーはGK清水圭介、DF内田恭兵、MF山瀬功治、アンドレイ、FW有田光希、キロス、ダニエル ロビーニョ。試合前の段階では、勝ち点50で5位につけている。レギュラーとして出続けていたアンドレイが2試合続けてベンチスタートとなっている理由はよくわからない。石櫃は7/31の第26節以降出場していないが、8/19に左膝外側半月板損傷の手術を行ったとのリリースがあった。

2016年8月19日金曜日

2016年8月14日(日)13:30 明治安田生命J2リーグ第29節 北海道コンサドーレ札幌vsモンテディオ山形 ~アルセウの乱から8年~

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-1-2、GK金山隼樹、DF菊地直哉、河合竜二、福森晃斗、MF荒野拓馬、宮澤裕樹、上里一将、堀米悠斗、ジュリーニョ、FW都倉賢、内村圭宏。サブメンバーはGK阿波加俊太、DF永坂勇人、櫛引一紀、MF石井謙伍、小野伸二、深井一希、FW上原慎也。
 増川とマセードが出場停止。3バックの中央には6/4ジェフユナイテッド千葉戦以来となる河合が起用されている。ミッドウィークの横浜戦後の練習に19人しか参加していなかったという報道があり、この19人の内訳が分からないが、記事中では練習を休んだと書かれている福森はスタメン出場、またジュリーニョもおそらく「19人」に入っていなかったが、試合前に回復して起用できる状態になったと考えられる。内村が先発起用でFWがいないため、上原がFW登録されている。
 モンテディオ山形のスターティングメンバーは4-2-3-1、GK山岸範宏 DF山田拓巳、宇佐美宏和、渡辺広大、高木利弥、MF川西翔太、アルセウ、佐藤優平、ディエゴ、伊東俊。FW林陵平。サブメンバーはGK富居大樹、DF荒堀謙次、MF梅鉢貴秀、松岡亮輔、鈴木雄斗、FW永藤歩、大黒将志。CBのレギュラー、田代を出場停止で欠く。山形は後半戦開始の22節以降勝ちなし。試合前の時点では勝ち点30、21位の金沢との勝ち点差は6と楽観できる状況ではない。前節・京都戦の試合後はNDソフトスタジアム山形でサポーターの居残りがあった。
 試合と全く関係ないが、石崎信弘氏が柏レイソルを率いて1年でのJ1復帰を果たしたのが2006年、ディエゴはその時の中心選手だった。翌2007年、ディエゴは東京ヴェルディ1969に移籍し、入れ替わりで柏はアルセウを獲得。アルセウは柏を1年で退団して翌2008年に札幌に(あのノナトと同期で)入団、前年のディフェンスリーダー・ブルーノクアドロスを放出してまで札幌に迎えられるも、三浦俊哉監督(当時)の戦術に限界を感じ、グアムキャンプ開始から1週間で「アルセウの乱」を発動して退団(よって今回が札幌初上陸)。こうした出来事がもう10年近く前だという事実は時代の流れを感じさせる。

2016年8月13日土曜日

2016年8月11日(木)18:00 明治安田生命J2リーグ第28節 横浜FCvs北海道コンサドーレ札幌 ~10番の仕事~

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-1-2、GK金山隼樹、DF櫛引一紀、増川隆洋、福森晃斗、MFマセード、深井一希、堀米悠斗、石井謙伍、宮澤裕樹、FW荒野拓馬、都倉賢。サブメンバーはGK阿波加俊太、DF上原慎也、MF菊地直哉、神田夢実、小野伸二、上里一将、FW内村圭宏。ヘイスは恐らく前節の試合中の負傷交代による欠場だが、ジュリーニョの欠場理由はよくわからない。菊地は後日の情報によると、連戦の疲労を考慮したとのこと。駒不足の前線は久々に宮澤がトップ下、好調の荒野が都倉と2トップを組む。
 なおこの試合が行われた8/11の午前に、リオ五輪では韓国代表が決勝トーナメント進出、ク ソンユンの復帰は最短でも8/21の京都サンガF.C.戦以降となる。
 横浜FCのスターティングメンバーは4-4-2、GK南雄太、DF藤井悠太、大崎玲央、西河翔吾、田所諒、MF佐藤謙介、中里崇宏、野崎陽介 野村直輝、FW大久保哲哉、イバ。サブメンバーはGK高丘陽平、DF永田拓也、楠元秀真、MF内田智也、ロク シュトラウス、ナ ソンス、松下年宏。札幌にとっては函館で大勝した相手だが、横浜はここ5試合負けなしと好調。前節はキングカズのゴールもあり、アウェイでセレッソ大阪相手に2点差をひっくり返して逆転勝利を収めている。

2016年8月9日火曜日

2016年8月7日(日)14:00 明治安田生命J2リーグ第27節 北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルス ~四方田式5バックの正当性~

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-1-2、GK金山隼樹、DF菊地直哉、増川隆洋、福森晃斗、MFマセード、深井一希、上里一将、荒野拓馬、ヘイス、FW都倉賢、内村圭宏。サブメンバーはGK阿波加俊太、DF櫛引一紀、MF河合竜二、石井謙伍、小野伸二、宮澤裕樹、ジュリーニョ。今週から完全合流したヘイスが早速スタメン復帰、前線は都倉内村の2トップで、好調のジュリーニョがサブに戻ったのは、やはり守備面の不安からだろうか。一方ボランチは複数の組み合わせが考えられる中、上里がスタメンに復帰しており、左サイドに荒野。また出場が危ぶまれた福森もスタメンに名を連ね、大一番を前に宮澤以外はほぼベストメンバーが揃った。
 清水エスパルスのスターティングメンバーは4-4-1-1、GK杉山力裕、DFキム ボムヨン、ビョン ジュンボン、角田誠、松原后、MF枝村匠馬、河井陽介、竹内涼、白崎凌兵、石毛秀樹、FW鄭大世。サブメンバーはGK植草裕樹、DF三浦弦太、MF村田和哉、澤田崇、六平光成、FW長谷川悠、北川航也。
 清水は依然として攻守の2枚看板、大前と本田を欠いている他、新潟から期限付き移籍で獲得し、スタメン出場を続けていた川口が右腓腹筋肉離れ、CBのレギュラークラス犬飼も離脱中。大前に加えてミッチェル デュークも長期離脱している前線は、出遅れていた鄭大世が第8節以降の19試合で13ゴール、ここ6試合で7ゴールと牽引し、相方に金子や石毛といった2列目タイプの選手を配している。6月上旬に全治6週間の負傷を負った本田拓也は8月に入り、ようやく実戦復帰したところのようである。 清水は14節までで5敗を喫し、やや出遅れていたが15節~26節は7勝4分1敗で乗り切り、試合開始時点では自動昇格圏と勝ち点差7の5位につけている。持ち直した要因の一つに、ベテランの域に達した枝村の存在があるとみる。第17節以降継続してスタメン出場しているが、攻守でスペースに気が利く選手で、若い選手が多い中盤にバランスをもたらしている。

2016年8月3日水曜日

2016年7月31日(日)19:00 明治安田生命J2リーグ第26節 レノファ山口FCvs北海道コンサドーレ札幌 ~貫くべきだった"自分たちのサッカー"~

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-1-2、GK金山隼樹、DF菊地直哉、増川隆洋、福森晃斗、MFマセード、深井一希、堀米悠斗、石井謙伍、荒野拓馬、FWジュリーニョ、都倉賢。サブメンバーはGK阿波加俊太、DF櫛引一紀、MF河合竜二、小野伸二、イルファン、宮澤裕樹、FW内村圭宏。前節からの変更点は堀米が中央、石井が左サイドで、荒野がトップ下、内村がサブに控える。また左太もも裏の肉離れで戦列を離れていた宮澤がサブに復帰。好調だった上里だが、宮澤らの復帰に伴い残念ながらベンチ外。
 レノファ山口FCのスターティングメンバーは3-4-2-1、GK一森純、DF北谷史孝、宮城雅史、香川勇気、MF小池龍太、幸野志有人、庄司悦大、廣木雄磨、三幸秀稔、福満隆貴、FW島屋八徳。サブメンバーはGK村上昌謙、DF奥山政幸、MF安藤由翔、加藤大樹、星雄次、平林輝良寛、FW岡本英也。エースストライカーの岸田とそのサブの中山が欠場。島屋のトップでの起用はゼロトップのようなイメージかと思われる。
 山口はいつもの4バックからシステムを変更し、宮城を3バックの中央、島屋をFWとした3-4-2-1でこの試合に臨んでいる。札幌の3-4-1-2に対し、各ポジションでの人数を合わせてきたと考えるのが妥当で、札幌もすっかりマークされるチームになったなというのが率直な感想である。
 前回対戦では0-0で折り返した後半、均衡を破ったのは札幌のジュリーニョの個人技(PK獲得)であり、突き放されたのは重心を上げた山口の隙をついたカウンターアタックで、そこまで山口が陣形をいじる必要はあったのかと思うが、山口の上野監督らは「首位の力を見せつけられた」とコメントしており、札幌が考える以上に評価が高かったのかもしれない。なお3バックは上野監督によると「練習自体はしていた」とのこと。

2016年7月28日木曜日

2016年7月25日(月)19:00 明治安田生命J2リーグ第25節 北海道コンサドーレ札幌vsFC岐阜 ~諦められない左足~

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-1-2、GK金山隼樹、DF菊地直哉、増川隆洋、福森晃斗、MFマセード、荒野拓馬、上里一将、堀米悠斗、ジュリーニョ、FW都倉賢、内村圭宏。サブメンバーはGK阿波加俊太、DF櫛引一紀、MF河合竜二、小野伸二、神田夢実、中原彰吾、深井一希。ヘイスは右ふくらはぎ痛で別メニュー調整しており召集外。深井は疲労を考慮してベンチスタート。石井は累積警告で出場停止の一方で、小野が10試合ぶりにサブメンバーに復帰。ボランチは遂に1~4番手のうち3選手が離脱、深井もスタメンを外れ5番手の上里と荒野。ここにきて復調中の上里は非常に頼もしい。ただ直近4試合で1ゴール2アシストの荒野がボランチに回ると、前線の駒が一気に手薄になるのが気がかりではある。
 FC岐阜のスターティングメンバーは4-1-4-1、GK高木義成 、DF野垣内俊、阿部正紀、田代雅也、磐瀬剛、MF田森大己、風間宏矢、苅部隆太郎、高地系治、レオミネイロ、FW鈴木ブルーノ。サブメンバーはGKポープ ウィリアム、DF鈴木潤、岡根直哉、MF水野泰輔、青木翼、FW田中達也、瀧谷亮。ラモス瑠偉監督の解任、吉田恵新監督の就任でメンバー、フォーメーションは読めないところだったが、FWを1枚削り中盤にアンカー(フォアリベロ)として田森を置いた4-1-4-1を採用。メンバーについては右SBを益山に変えて野垣内、FWに鈴木ブルーノ、といった選手を起用している他はこれまで起用されてきた選手が並んでいる印象。